スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長文なんで、時間がある時にでも…。  

2008年05月15日 00:14

もうすぐガチャピンとであって、一ヶ月が経ちます。

ネットでは賛否両論のこのバイク、皆さんはどんな評価です?

良いだけじゃなく、悪いだけでもない。

それでいて話題になるのは、一定の評価があるとおもうのですが。

ここでは個人的にガチャピンに限った、正直な感想でも。

第一印象はカッコイイ!
好き嫌いはあるだろうが、ケツアガリのルックスは心をわしづかみだ。

よく見るとちゃっちいときくが、外側だけでなくインナーも造りこんでる、吸音材も貼りこんでるし規制クリアのために手がかかってるよ。


メーターはアナログが好きだから問題無し。タコは中央がよかったな、デザインは新し過ぎないから良い、古臭いとも言うが見にくいよりまし。

シートはチョット固めで体が慣れるまでは辛い。
でも着座位置などはスコブルいい、マシンコントロールにかけては!

横が細いので、足付きも楽。
タンクとサイドカウルの造形は秀逸!ニーグリップは吸い付く様に感じる。そのうえでデザインがいい。

さてEgというと、カタログ値31馬力でがっかりしてる人もいるけど、実際10000回転以上を使う機会は滅多にありません。
公道では8000も回せば、捕まります。
山では、それこそ10000回せば楽しい域に入れます。


ただ単にスピードを出すのでは無く、シチュエーションにあった速度域を楽しむのが正解な気がします。


ハンドリングは停車時の重さを忘れてしまうほど軽さです。
寝かし込みやすく、切り返しも軽い。
上半身の力を抜いて、気分良くカーブに進入できます。
ブレーキのタッチもフロントは特に良くて、効き始めから、握り込み、そしてリリースまで安定して減速作業ができます。
おかげで車速のコントロールが上手く出来て、進入まで残す事が減りました。
リアサスも良く動いているのに、底付きもなくてスロットルの動きにも付いてきます。
コーナリング中もバタバタせずに、安定して寝かせていられるので楽チン。
ただ最初は固めのシートに惑わされて、山に入って良さがわかりました。


積載性は…。僕は捨てましょう。
リアシートカウルで少しだけ容量アップしてますが、荷物を入れたことはありません。

標準タイヤのIRCは雑誌等で書いてあるので割愛します。
値段以上の仕事、だけどお財布に優しい。これ以上の評価はなし。

燃費は現在31キロを下回ったことはありません、街中8000ぐらいで5、6速は6000位で車群から逃げてます。阿蘇などの山道は10000ちょい、5、6速は9000キープで楽しく走ってます。

FIの恩恵でしょうか、下から上までの回転数を使えて、標高や季節を気にせず。
朝一はスタートボタンを押して、煙草吸ってメット被って、グローブはめてる間にアイドルアップからアイドルOKになってます。
これは幸せ!インジェクションありです。
吸排気を換えた時に補正出来るマージンが備わってる事に期待します。
また、ショップレベルでのROMいじりができれば、きっと!もっと!ハッピィになれるはず。


結局、良い事ばかりになっちゃったけど、カワサキで250で50万のバイクを探しているなら、間違いない一台です。(なんじゃそら)

迷ってるなら乗って決めて欲しいなぁ。
価格より少し上の満足感が味わえるよ。

燃料タンクから笛の音が聞こえたり、見知らぬ人に声かけられたり。
ホーネットからストーキングされたり。

変な楽しさも付属で付いてきます。

もちろん不具合や、個人的に改善したい事は出てくると思います。
その時はきっとココや全世界のネットに載るさ。

最後に長文を最後まで読んでもらって、有り難うございました。

この感想はガチャピンの主人の私が、高速道路も走らず、山でステップをすることもなく1800キロ走ってKAWASAKI Ninja250Rの感想を書いた物です。
個人の走り方や趣味などは千差万別で押し付ける積もりもありません。
また車輌個体差もあります。

読んで頂いた方の共感してもらえる部分や少しでも役に立つ部分があればさいわいです。

2008 5/15 Grid

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phantomgrid.blog36.fc2.com/tb.php/83-f7a376a5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。